借金は貯金ではない

借金は貯金ではない

お金が足りなくなったときなど、頼りになるのが消費者金融などからのお金の借り入れですが、始めはすぐに返すつもりでも、限度額をギリギリまで借り入れてしまい、返済に困る人も少なくはありません。
なぜ始めはすぐに返済をしようと感じていたとしても、限度額まで借り入れてしまうのでしょうか。それは借金を貯金のような感覚に使ってしまうというような心理状態が、限度額ギリギリまで借り入れてしまい、返済が滞ってしまう原因となっている可能性があります。消費者金融などからお金を借り入れるとき、いくらでも借りれるわけではありません。収入などに応じて限度額というのが設定されており、急な出費によってお金を借りることになったとき、最低限しか借り入れをしないと思いますが、返してはまたお金が足りなくなって借りているうちに、限度額が自分の持ち金であるというような気持ちになっていくとされています。
限度額が五十万円だった場合、五十万円までは借りることができるというような感覚になり、まだ十万円以上余裕があるからと、普段なら我慢していた趣味などにお金をかけるようになったり、金銭感覚が乱れてくる可能性があるのです。近年では、ATMで気軽にお金を借りることができるようになっていますので、ATMの機能がより一層自分の貯金を崩しているような感覚になるとされています。借金を積み重ねないためには、利息などを毎日考えることが必要だとされています。このお金を使うことで利息が何パーセントついているのかを把握していくことが必要だとされています。