日別アーカイブ: 2018年3月3日

借金生活から抜け出せなくなる怖さ

借金生活から抜け出せなくなる怖さ

借金地獄という言葉がありますが、それはそこから抜け出したくても抜け出すことができない状態に陥るということです。
まさか自分が、という人が借金地獄にはまってしまうのであり、お金を借りることは本来の自分の状況からすればしてはいけないことなのにそれをすることで抜け出せなくなっていきます。
きっかけはちょっとしたことで、例えば冠婚葬祭がありある程度のお金が必要になったが貯金がほとんどないために、そのための費用を得るためにちょっと消費者金融からお金を借りればいい、そんなことだったかもしれません。
あまりにも簡単に審査が通り現金を手にすることができたことで、その安易さに嬉しくなるしピンチを簡単に脱することができたことで安心してしまいます。
そのお金は手元にあるものの借りたお金であり自分のお金ではないのですが、その感覚があまりなくなってしまうと怖いのです。
やがてもう少しお金があるといろいろなことができるな、という気持ちになり、借金額を増やすようになっていきます。
そして借金を返済するだけのために働くようになってくると、そのうちに嫌になってきて逃げたくなったり、借金を返済するために借金をするようになったりするともう地獄です。
おまけに仕事を転々とするような生活になるともうどうすることもできなくなってしまいます。
気がついたら何百万円も借金をしている状況でその金利だけでもかなりになるのです。
一番最初にお金を借りたときに、それが借金であるという意識を強く持たないといつまでも借金を減らすことができなくなってしまう生活にはまり込んでしまうのが怖いのです。