借金返済のために消費者金融で2重借金する怖さ

借金返済のために消費者金融で2重借金する怖さ

ギャンブルなどにハマってしまった方々が、借金を返済するためにまた別の消費者金融から借り入れして借金を増やすケースもあります。
それはとても危険なことですし、借金返済のためにまた借金を重ねるのはしてはいけないことなのです。

その理由は、借金がどんどん膨らみ、利息分だけでもかなりの金額になる可能性があるからです。借金というのは想像以上に返済するのが大変なので、ギャンブルのために借金をするのは決して良いことではありません。特に2重借金は一番やってはいけないことなので、借金を返済するために他の消費者金融からお金を借りるのはやめましょう。

中には借金が返済できなくなり、借金で苦しんでいるという人たちも少なくありません。ギャンブルでの借金だとマイナスなことも多いために、社会的信用を失ったり、どんどん借金苦になっていく可能性が高いです。
手軽に借り入れできるため、ついつい消費者金融で借金をつくってしまう方もいるのですが、かなり危険性が高いでしょう。

よく計画性を持つように言われていますが、それは当然のことなのです。何の計画性も持たない借金だと返済していくのが困難なので、いずれ借金地獄になってしまうかもしれません。
ギャンブルで借金をつくり、その返済のためにまた違う消費者金融で借金をするのは絶対やめるべきです。そうしないと莫大な借金を背負うことになりかねないので、ギャンブルにのめりこんでいる方であれば、2重借金に気をつけてください。

借金生活から抜け出せなくなる怖さ

借金生活から抜け出せなくなる怖さ

借金地獄という言葉がありますが、それはそこから抜け出したくても抜け出すことができない状態に陥るということです。
まさか自分が、という人が借金地獄にはまってしまうのであり、お金を借りることは本来の自分の状況からすればしてはいけないことなのにそれをすることで抜け出せなくなっていきます。
きっかけはちょっとしたことで、例えば冠婚葬祭がありある程度のお金が必要になったが貯金がほとんどないために、そのための費用を得るためにちょっと消費者金融からお金を借りればいい、そんなことだったかもしれません。
あまりにも簡単に審査が通り現金を手にすることができたことで、その安易さに嬉しくなるしピンチを簡単に脱することができたことで安心してしまいます。
そのお金は手元にあるものの借りたお金であり自分のお金ではないのですが、その感覚があまりなくなってしまうと怖いのです。
やがてもう少しお金があるといろいろなことができるな、という気持ちになり、借金額を増やすようになっていきます。
そして借金を返済するだけのために働くようになってくると、そのうちに嫌になってきて逃げたくなったり、借金を返済するために借金をするようになったりするともう地獄です。
おまけに仕事を転々とするような生活になるともうどうすることもできなくなってしまいます。
気がついたら何百万円も借金をしている状況でその金利だけでもかなりになるのです。
一番最初にお金を借りたときに、それが借金であるという意識を強く持たないといつまでも借金を減らすことができなくなってしまう生活にはまり込んでしまうのが怖いのです。

借金の恐ろしさについて

借金の恐ろしさについて

借金の恐ろしさは、金銭的な制約が増すだけではありません。それ以上に怖いのは、人間関係が崩壊してしまう可能性をはらんでいる点です。何故なら、借金をしている人間に積極的に近づこうと考える人間は、少なくても市井の民であれば殆どいないからです。ご自身の立場に置き換えていただいても、それはすぐに理解していただけるのではないでしょうか。人間関係は、それを構築して強固なものにするまでには途方も労力を必要とします。それが親やきょうだいであれば生まれながらにしてあるのかもしれませんが、友人や恋人、もしくは夫婦の関係ともなると時間やお金は相当なものになるのは実感として感じていただけるはずです。借金は、こうした人間関係をも容易に破綻させてしまう可能性をはらんでいるわけです。
それでもなお借金をと考えておられるのであれば、周囲へは絶対に迷惑を被らないよう立ち回る必要があります。あくまでも借金は自分だけの問題なのだという思考を持ち、周囲に飛び火しないようにするのです。そうするだけでも、人間関係の破綻を回避できる可能性はかなり高まっていくことでしょう。
また、借金をする際には簡単に借りられるような所は避けるのが良いでしょう。何故なら、簡単に貸すと言うことは、それだけ金利も高くなっていくからです。業者も慈善事業ではありませんので、確実に利益を出さなければなりません。しかし全員が全員、杓子定規にお金を返してくれるわけでもありません。中には失踪してしまう人もいるでしょう。そうした人間の穴埋めのためにも、リスクヘッジのためにも金利は高くなっているのです。ですので、借金をする際にはなかなか貸してくれないような所へ話を持ち込み、何故借金をしたいのかを説明してください。それで了承してもらえるようであれば、それはプロの目から見ても返済の目処が立つと判断されたことを意味します。ということは、将来的に綺麗な身になる可能性が高いということになりますので、こうした業者を利用して精査してもらうのが良いです。もっとも、一番良いのは借金を出来るだけ避けることですけどね。

借金をすることのデメリットについて

借金をすることのデメリットについて

今は、キャッシングやカードローンなどが非常に便利となっています。このため、誰しもが手軽にキャッシングをすることが出来るようになっています。しかし、借金をすることには色んなデメリットがあることを知っておく必要があります。借金をすることで、一時的には現金を手元に調達することが出来ますが、その後のことを考えるとデメリットがいくつかあるのです。
まず、借金をすることによって、そのデータが残ってしまうというデメリットがあります。
消費者金融、カードローンなどで借り入れをした場合、いずれにしても、借り入れをしたというデータなどは、信用情報機関に掲載されてしまうことになり、また借り入れをする際には、不利になってしまうことがあります。あまりにも借金を繰り返してしまうとそれだけでクレジットカードを作ることが出来なかったり、新たに借り入れができなかったりと不便なことが多くなります。
借金歴があることで、これらの審査に通らなくなってしまうことも多いです。
また、借金をすることによって、その人の信用に関わるという問題があります。借金をしている人としていない人とでは、やはり借金をしている人は他人から信用されませんし、家族からも愛想を尽かされてしまいます。少額の借金で、すぐに返済をすることができれば問題はありませんが、多額の借金があり、返済に困っている場合など、場合によっては、家族や友人関係を失ってしまうことにも繋がります。

借金は貯金ではない

借金は貯金ではない

お金が足りなくなったときなど、頼りになるのが消費者金融などからのお金の借り入れですが、始めはすぐに返すつもりでも、限度額をギリギリまで借り入れてしまい、返済に困る人も少なくはありません。
なぜ始めはすぐに返済をしようと感じていたとしても、限度額まで借り入れてしまうのでしょうか。それは借金を貯金のような感覚に使ってしまうというような心理状態が、限度額ギリギリまで借り入れてしまい、返済が滞ってしまう原因となっている可能性があります。消費者金融などからお金を借り入れるとき、いくらでも借りれるわけではありません。収入などに応じて限度額というのが設定されており、急な出費によってお金を借りることになったとき、最低限しか借り入れをしないと思いますが、返してはまたお金が足りなくなって借りているうちに、限度額が自分の持ち金であるというような気持ちになっていくとされています。
限度額が五十万円だった場合、五十万円までは借りることができるというような感覚になり、まだ十万円以上余裕があるからと、普段なら我慢していた趣味などにお金をかけるようになったり、金銭感覚が乱れてくる可能性があるのです。近年では、ATMで気軽にお金を借りることができるようになっていますので、ATMの機能がより一層自分の貯金を崩しているような感覚になるとされています。借金を積み重ねないためには、利息などを毎日考えることが必要だとされています。このお金を使うことで利息が何パーセントついているのかを把握していくことが必要だとされています。